京都観光ポータルサイト - e京都ねっと

TOP > グルメ > ラーメン

ラーメン 一覧

和食・割烹 中華・韓国・アジアン 洋食 イタリアン・フレンチ 居酒屋 お好み焼き・鉄板焼き
肉 魚 ふぐ・すっぽん ラーメン うどん・そば カフェ・バー・スウィーツ
□絞込み検索   エリア:   
 
■ラーメン幸樹    

幸樹の自信作!!
魚介&豚骨のダブルスープは絶品です。
お好みでゆずこしょうをどうぞ。 

■ひゃくてんまんてん    

ラーメン&カレードッキングの店!
2日間じっくり煮込んだ豚骨を、しょうゆ味で仕上げた元祖「とんこく」。
コクとまろやかさは絶品。ぜひお試しあれ! 

■京一    

昭和23年の創業以来、「うまくって はやくって、やすくって」ということにこだわり、モットーにして皆様のご来店をお待ちしております。創業から60年以上つくりつづけた「中華そば」は京都の老舗ラーメン屋としての誇りであり、そんな当店のラーメンはどこか懐さを感じることのできる味わいです。そのため、お客様の中には親子4代で通うリピーターの方々もいらっしゃいます。これからも地元のソウルフードとして通い続けることのできるラーメン屋でありつづけたいとおもっています。 

■東龍 北白川本店    

「中華そば東龍」は2000年12月北白川通りにOPENしました。今迄のラーメン屋さんとはちょっと違う、面白くて、美味しくて開放的な雰囲気の誰でも気軽に立ち寄れる東南アジアの食堂をイメージして店作りをしました。もちろん、ロケーションが京都なので「和」の要素も取り入れた結果、どこにもない不思議な空間となりました。 

駐車場
■ラーメン研究所    

当店のモットーは「食べやすさと深いコク!! そして後味スッキリ」にとことんこだわり、オープン時からもよりよいものへと終わりなき研究をしております。又、ラーメンだけではなく、丼もの、一品もの、定食と多数用意しております。店内はカウンター席はもちろん、テーブル席には背もたれを高くしてやや個室的にし、ファミリーや会社帰り、女性同士でもあまり周りを気にせずに食べてもらえる造りになっております。 

駐車場
■第一旭 たかばし    

現在、皆様にご愛顧いただいております「たかばしラーメン」の源流「第一旭」は、昭和22年京都駅近く、通称「たかばし」に中華そば専門店として誕生しました。屋台しかない当時には珍しく、またラーメンがご馳走という時代でもありました。コクがあるのに澄んでいるスープと鉢一杯の焼豚はあっという間に知れ渡り、いつの間にやら京名物といわれるようになりました。時代に流されず基本的な味は変えないという方針にこだわり続け、専門店として本来の「ラーメン」を築いてきたのです。京都たかばしに生まれて約半世紀、完成目指して精進します。 

■宝屋    

宝屋が生まれるもとになったのは、お客として数々のラーメン屋へおもむき、その中であることに気づいたからです。ラーメン業界全体を見ていると、店によって接客態度や店内の清潔などはまちまちでした。お客様第一主義などといっていても、それに見合うものにはなかなか出会えません。そこで、自分たちでこうあってほしいというラーメン屋を開業したのです。まずラーメン店を始めるにあたり、当時呼びかけに賛同してくれたのがフレンチ出身のスタッフたちでした。フレンチとラーメン、それだけでもこれまでとは違った観点でラーメンを作れる可能性があり、協力して満足のいくラーメンを作ろう!ということで本格始動したのです。 

■鳳林ラーメン    

当店は、麺、スープ共に素材を厳選しております。とことんこだわり抜いた素材は麺とスープの絡みが絶妙です。この味を是非、一人でも多くの方に食して頂たいと思います。
どうぞ、お近くにいらっしゃられた時は 「鳳林ラーメン」 に本物の味を食べに来て下さい。 

■龍旗信    

日本で最初の“塩専門”、そして“堺ラーメン”を掲げる「龍旗信」。店主・松原龍司(まつばら・たつじ)が、幾度の困難を乗り越え、紆余曲折の末に辿り着いた渾身の塩ラーメンが味わえる! 

■楽楽楽    

京都市北区にあるラーメン専門店楽楽楽。幅広い客層で人気奮闘中です。駐車場10台も完備。幅広いお客様に合った独創的な商品を開発中。とんこつ、しょうゆベースはもちろん、只今、業界初の釜揚げ風つけ麺も登場!!店内からの威勢のいい声と笑顔で、スタッフ一同心よりお待ちしております 

駐車場
47件中 1件目~10件目を表示 1 2 3 4 5  [次のページ]

一言コラム

dentou 存在は知っていたけど、いつも素通りしていた施設はありませんか?例えばオフィスビルに挟まれた「京都伝統工芸館」。 安価で...[続きを読む]

モバイルe京都

http://me-kyoto.net/
モバイルe京都
e京都ねっと
当サイトへのリンクは自由です。
よろしければ、↑上記のバナーをお使いください。